休日恐怖症

休日恐怖症の症状と対策

症状

休日に家にいると不安でたまらない

休日はゆっくりと休みたいと思うのがふつうの人の感覚だと思います。しかし、仕事中毒いわゆるワーカホリックと呼ばれる人たちの中には、休日でも出勤しないと不安になるという人が多いのです。
休日になると次のような症状が現れます。

  • 家にいてもすることがなく、会社に残してきた仕事のことばかり考えている。
  • 不安がつのり、イライラを感じる。
  • 不安感がだんだん大きくなり、家族にあたることもある。

そして、「会社に忘れ物をした」とか「会社の近くに用事がある」などと言って、休日のオフィスに出勤するようになります。
こういった、休日に不安になったり、出勤せずにはいられなくなったりする人の症状を、休日恐怖症と呼んだりします。
休日に出勤するようになったあおりで、平日の仕事に支障をきたすようになってしまうこともあります。これでは本末転倒です。

 

休日恐怖症チェック
仕事を家に持ち込むことが多い
家族の中で孤立している
遊び仲間がいない
家族との会話がはずまない
家にいると落ち着かない
休日になると、体調が悪くなる

※チェックした項目が多いほど、休日恐怖症の注意が必要です。

 

対策

休日恐怖症を防ぐにはどうしたらよいでしょうか?

 

ひとつは、創造的かつ生産的な趣味を持つことです。プラモデルを作ってコンテストに応募するもよし、読んだ本についてや好きなものについて、ブログを書いたりするのもよいでしょう。仕事から離れ、別の楽しさを見出すことが何よりも大切です。
また、職場でも仕事を一人で抱え込まないようにしましょう。八割くらいの力でゆったりと続けられるように仕事をしていくことをおすすめします。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

休日恐怖症-うつ病の症状と対策関連ページ

ブルーマンデー症候群
1週間の始まる月曜日になると、体調が悪くなって出社できないケースがあります。どのように対策したら良いでしょうか?
出社拒否症
出社拒否症とは、主に職場の環境変化などがきっかけで会社に行けなくなる症状です。
いじめられ症候群
いじめられ症候群とは、部下たちから無視され、孤独感に苛まれる症状です。
燃えつき症候群
仕事で全力を使い果たしたにも関わらず、自分の頑張りを正当に評価されないと、大きな疲労感や徒労感だけが残ります。うつ病に発展することも多く、最悪自殺を図ってしまうこともあります。こういった症状は燃えつき症候群と呼ばれています。
リストラうつ病
サラリーマンにとって最もショックが大きのはリストラでしょう。不況からくる会社のいやがらせにより、その人をリストラさせようと追い込むのです。その人は、朝に吐き気や頭痛などを感じるようになり、うつ症状が持続し、うつ病(リストラうつ病)へと発展してしまいます。
微笑みうつ病
微笑みうつ病とは、ストレスのあまり作り笑いをし続け、その裏でうつの症状が進行する病気です。
錆びつき症候群
錆びつき症候群は、自分の実力を発揮できないで、徐々にやる気を失っていく病です。
帰宅拒否症
帰宅拒否症とは、やすらぎの場であるはずの家に居場所がなく、次第に帰宅するのを拒否するようになる病です。
仕事によるうつ病とその背景にあるデータ
仕事における強い不安や悩み、ストレスを抱える人はとても多く、それがうつ病につながることもあります。そのデータを紹介します。
仕事のうつ病対策に関する企業側のデータ
うつ病などのメンタルヘルス問題が浮き彫りになるなか、企業や事業所も対策に取り組んでいます。そのデータを紹介します。
職業性ストレスモデル-仕事がうつ病につながるまで
仕事上のストレスがうつ病などの病気に進展していくまでのモデルを職業性ストレスモデルといいます。多くのモデルが提唱されていますが、最も包括的であるNIOSHの職業性ストレスモデルを紹介します。
世代別の仕事によるうつ病の要因
仕事によるうつ病の要因は、役割も責任も違いますので、世代によって変わってきます。
うつ病のサインは仕事ぶりの変化にみられる
うつ病のサインは仕事ぶりの変化にみられます。どのようなものがあるか紹介します。
職業性ストレス簡易調査票によるストレスチェック
労働安全衛生法改正に伴い、ストレスチェックが義務化されました。職場などで簡便に実施できる職業性ストレス簡易調査票のツールを紹介します。ぜひチェックしてみてください。
知っておきたい過重労働対策の経過
過重労働や過労死は法整備や職場環境改善などにより対策が進められてきました。その経緯を紹介します。これを知っておくと、職場のさまざまなルールに対して理解を深めることができます。
知っておきたい時間外労働の限界
労働基準法では「週40時間を超えて労働させてはならない」という取り決めがあります。労働組合または労働者の代表と協定(サブロク協定)を結ぶことによって時間外労働が可能となります。しかし、その時間にも厚生労働大臣が定める限度があります。