うつ病ニュース

うつ病ニュース

 うつ病にまつわるニュースを紹介します。
 うつ病は社会的に存在が認められるにつれ、大きな話題になることも増えてきました。

 

 

うつ病ニュース記事一覧

市ケ谷にうつ病患者の支援施設-再就職に特化したトレーニング実施

 うつ病患者の症状改善や社会復帰支援などを行うリヴァ(新宿区)が5月1日、うつ病を患った人の再就職に特化したトレーニング施設「ハビトゥス市ヶ谷」(市谷砂土原町2)を開く。http://ichigaya.keizai.biz/headline/1372/

≫続きを読む

 

「うつ病治療ゲーム」にカウンセリングと同効果、ニュージーランド研究

【4月20日 AFP】子どものうつ病治療用に設計されたコンピューターゲームに、1対1の対人カウンセリングと同程度の治療効果があるとの実験結果が、19日の英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical Journal、BMJ)に発表された。 ニュージーランド、オークラン...

≫続きを読む

 

シニード・オコナーが躁うつ病に、北米ツアーを中止

[ロンドン 24日 ロイター] アイルランド出身の歌手、シニード・オコナーが、双極性障害(躁うつ病)のため、予定されていた北米ツアーをキャンセルすることが分かった。英国のメディアなどが24日伝えた。オコナーは声明で、昨年12月以降、症状が非常に重くなったことから医者にツアーをやめるよう忠告されていた...

≫続きを読む

 

<東日本大震災>家族3人亡くした市議、うつ病から復帰

 「家族を失った傷は癒えないが、私にはまだ役割が残っている」。東日本大震災で長男の諒(りょう)さん(当時27歳)と妻、郁子さん(同53歳)、妹の成沢純子さん(同58歳)の家族3人を亡くした宮城県東松島市議の菅原節郎(せつろう)さん(61)。避難所責任者などを務めるうち、うつ病に倒れたが今月、公務に復...

≫続きを読む

 

NHKスペシャル「職場を襲う 新型うつ」

NHKスペシャルで放送された「職場を襲う 新型うつ」が大きな話題となっています。番組HP http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0429/再放送の予定もありますので、見逃した方は、是非ご覧になってみてはいかがでしょう。5月10日(木)午前0時50分~1時3...

≫続きを読む

 

世田谷区 うつ病の方への就労支援講演会

世田谷区で2012年6月に2回、うつ病に関する講演会が開かれます。興味深い内容です。関心のある方は参加されてはいかがでしょうか?http://www.city.setagaya.tokyo.jp/040/d00039364.html1「うつ治療の最前線!新型うつと認知行動療法を中心に」うつ病のさまざ...

≫続きを読む

 

"うつ状態"の人の出現率、日本は米の3倍--20代のうつ出現...

ニールセン・カンパニーは14日、日本とアメリカの都市部で働いている男女を対象に実施した「うつ状態に関する日米比較調査」の結果を発表した。同調査は、3月20日~3月23日の期間にインターネット上で行われ、各国約100名(20代~50代以上の各世代約25名)から有効回答を得た。それによると、「うつ状態」...

≫続きを読む

 

インターネットの使い方でうつ病かどうかがわかるという研究結果が明らかに

 ミズーリ大学の助教授であるSriram Chellappanさんによって発表されたものです。Chellappanさんはうつ病の傾向がある学生たちのインターネットの使い方には以下のような特徴があることを発見しました。必要以上のファイル共有サービスを利用する複数のアプリケーションを行ったり来たりして、...

≫続きを読む

 

超危険!「うつ病で自殺する男性が出しているサイン」5つ

うつ病は女性に多いということをご存知でしょうか。実はこれ、医療の現場では常識です。でも、うつ病と聞くと、なんとなく男性で問題になることが多いように感じませんか?それもまた、ある意味では真実です。その理由は、日本では自殺者の大部分を男性が占めていること。例えば、内閣府が発表した平成24年4月のデータに...

≫続きを読む

 

就活生「うつ病だけでなく躁状態にも注意」

 内定へのプレッシャーが厳しい就活生は、「うつ病」になりやすい。しかしなかには「就活躁」になる学生も多い。就活生の7人に1人はうつ病と診断されてもおかしくないことが分かっています。就活の心理的・肉体的負担が大きいことが原因にあげられるでしょう。具体的には次のようなことが原因にあります。「正社員じゃな...

≫続きを読む

 

暑い日はイライラと欝を引き起こす

米国ノースウェスタン大学医学部行動科学科のナンシー・モリトル准教授の発表によると、夏の暑さは体に負担をかけるだけでなく、不機嫌やうつ病の要因となるとのことです。また、気温や湿度の上昇とともに、人は暴力的にもなっていくとコメントしています。暑さによる次の事象が不機嫌やイライラ感を引き起こします。睡眠障...

≫続きを読む

 

深夜のテレビやPCはうつ病リスクを増大させる?

深夜までテレビやパソコンを見ていたり、画面を付けたまま眠ったりしてしまうと、うつ病になるリスクが高まる可能性があると米国の研究者が発表しました。この研究は米国防総省が資金面で協力し、オハイオ州立大学医療センターのチームが行いました。研究方法は次のとおりです。薄暗い部屋にテレビがついているのと同程度に...

≫続きを読む

 

うつ病治療に効果 コンピューターゲーム「SPARX」

若者たちにうつ病への取り組み方法を伝えるゲーム「SPARX」SPARXは、プレーヤーは戦士となり、火の玉でネガティブな考えを吹き飛ばして悲観と絶望の沼から世界を救いだすことが目的のファンタジーロールプレイングゲームです。認知行動療法(CBT)と呼ばれる心理学的アプローチで、うつ病への取り組み方法を伝...

≫続きを読む

 

うつ病、世界で推計3・5億人 自殺者の過半数

世界保健機関(WHO)は9日、うつ病に関するを推計および見解を発表しました。うつ病は一時的な気分の浮き沈みとは異なり、2週間以上ふさぎ込んで、仕事や家庭での活動に影響が出る病気であることを強調。うつ病など精神疾患で苦しむ人は世界で3億5000万人超。地域などに関係なく「世界的な現象」である。年間約1...

≫続きを読む

 

うつ病の予防と回復にICTの活用を

うつ病の予防と回復にICTの活用を提言するシンポジウムが2012/11/28、東京大学で開かれました。臨床心理士などの専門家が、個人メンタルヘルスの促進、回復を妨げる社会構造の変革など、今を取り巻く問題を解決する新しいシステムの構築を訴えました。シンポジウムでは、うつ病の治療と心のバリアフリーに対す...

≫続きを読む

 

アラサーに多いうつ病「ディスチミア親和型うつ病」とは?

ディスチミア親和型うつ病とは、新型うつ病のひとつです。新型うつ病の大きな特徴は、仕事は憂鬱で元気がなくなるのに、趣味や遊びは楽しめるという点です。ディスチミア親和型うつ病の特徴30歳前後に発症しやすい。真面目さや熱心さが希薄である。うつ症状にしがみつく。ディスチミア親和型うつ病になりやすい人の特徴自...

≫続きを読む

 

うつ病の発症メカニズム発表

 うつ病発症のメカニズムを名古屋市にある名城大学の鍋島俊隆特任教授と名古屋大学などからなる研究グループが発表しました。新たな治療薬の開発に役立つとしています。 研究グループでは、うつ病などを発症しやすくしたマウスを、集団と一匹ずつ隔離した場合に分けて、それぞれヒトの思春期に当たる時期から3週間にわた...

≫続きを読む

 

冬季うつ病は春への移行に注意

 冬季うつ病とは、冬にうつ状態になる季節性のうつ病です。 冬季うつ病をかかえている人は、毎年10月から11月に症状が始まり3月ごろに治るサイクルを繰り返します。 冬季うつ病に特徴的な症状には次のようなものがあります。炭水化物や甘いものが無性に食べたくなる。いくら寝ても寝足りない感じ。倦怠感と憂うつ感...

≫続きを読む

 

気分安定薬のリチウムでうつ病の自殺リスクが減少

 気分安定薬であるリチウム(lithium)を服薬すると、うつ病患者の自殺リスクをが60%以上低下させるという研究論文が発表されました。 リチウムは、単極性障害(うつ病)と双極性障害(躁うつ病)の治療のために長い間使われてきましたが、その使用は多くの国で減少しているとのことです。 その理由は、過剰摂...

≫続きを読む

 

慢性頭痛の人は抑うつ気分になりやすい

 慢性頭痛の患者は抑うつ気分になりやすいといわれています。 緊張型頭痛は神経細胞内のセロトニンの変動と関係していて、片頭痛は脳の血管内のセロトニンの変動と関係しているとされています。 うつ病もまたセロトニンの減少が密接に関わっていると考えられています。 ただ、頭痛が起こるからうつ病になっているのか、...

≫続きを読む

 

消化器疾患とうつ病の関係

 うつ病が胃潰瘍や過敏性腸症候群(IBS)などの消化器疾患を招くことがあります。 胃はストレスの影響を受けやすく、食欲不振や胃痛を引き起こします。胃潰瘍になる人も少なくありません。 腸も同じくストレスによって自律神経のコントロールを失うことがあります。そうすると、腸が過敏になり、下痢や便秘を繰り返す...

≫続きを読む

 

うつ病の患者数

 2008年の厚生労働省の発表によると、双極性障害を含むうつ病の患者数は初めて100万人を104万1000人に達しました。 性別による内訳は男性が38万6000人、女性が65万5000人と、うつ病は女性の方に多く見られる病気ということが分かります。 この人数はあくまで通院や入院している患者の合計で、...

≫続きを読む

 

抑うつ気分とうつ状態の違い

 うつ病では”抑うつ気分”と”うつ状態”という言葉が使われますが、この違いを説明します。抑うつ気分 抑うつ気分とは、憂うつ感や悲哀感、虚無感などいわゆる”うつ”からイメージされる沈んだ気分のことです。気分そのものを指します。うつ状態 うつ状態とは、抑うつ気分を呈する状態のことです。DSMではうつ状態...

≫続きを読む

 

心身にあらわれるうつ病の兆候

 気分が落ち込むことは誰にでもあることですが、うつ病の落ち込みはもっと深いものです。 しかし、うつ病になる人はその兆候に気がつきにくいものです。 私の場合ですが、うつ病と診断される寸前、落ち込みが激しく、身体症状も現れ、歩くことさえ嫌になっていました。そして、毎日自殺することばかり考えていました、し...

≫続きを読む

 

うつ病の診察を受けるタイミング

 「自分はうつ病だ」と確信して診察を受ける人はなかなかいません。 うつ病かどうかは自分ではわかりにくいものです。 以下に、うつ病の診察を受けるタイミングを列挙します。【意欲面】好きでやっていた趣味が急にやる気がなくなった。仕事を頑張っていたのに、能率が大きく低下した。気分の落ち込みが今まで経験したも...

≫続きを読む

 

浪費癖が現れたら双極性障害のサイン

 双極性障害(躁うつ病)は躁状態とうつ状態を繰り返すタイプの気分障害です。躁状態のときは、本人が明るく気分が良いので病気だとは自覚できません。 しかし、双極性障害の治療においては、自分が双極性障害であると自覚することが、治療の第一歩だといえます。 躁状態では、何でもできるという気分になって、車や宝石...

≫続きを読む

 

生活上のストレスを数値化する「社会的再適応評価尺度」

 社会的再適応評価尺度とは、生活上の出来事に対するストレス値が示されたチェックリストです。 仕事以外の出来事が多いのが特徴的です。また、一見良いことに思える「自分の輝かしい成功」や「クリスマス」まで、ストレス値が存在しているのが興味深いです。クリスマスについては、準備の忙しさや、クリスマスに1人でい...

≫続きを読む

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口