リストラうつ病

リストラうつ病の症状と対策

症状

サラリーマンにとって最もショックが大きのはリストラでしょう。不況からくる会社のいやがらせにより、その人をリストラさせようと追い込むのです。
その人は、朝に吐き気や頭痛などを感じるようになり、うつ症状が持続し、うつ病(リストラうつ病)へと発展してしまいます。

リストラうつ病になりやすい人の特徴
  • 30~40才代
  • 生真面目
  • 責任感が強い
リストラうつ病の症状
  • 憂鬱や不安
  • 不眠
  • 食欲不振
  • 頭痛
  • 嘔吐
  • 肩こり

 

会社がわざと人事異動や配置変更を強いたり、わざと業績を評価しないようにするなど、”いじめ”をするわけです。そうして本人を辞めさせようと追い込むのです。これは例え不況のせいだからといって許され難い問題です。
また、リストラの対象にされることを恐れ、元気アピールをするために、いつもニコニコしている「微笑みうつ病」という形のうつ病になることもあります。

 

対策

リストラうつ病ににならないためにはどうすればよいでしょうか?
それは職場環境におけるストレスを解消することです。例えば次のようなことをできることから始めてみてはいかがでしょう。

  • 置かれている、もしくはこれから置かれようとしている環境を認識する。
  • 1度に2つ以上のことをしない。マルチタスクな仕事をしない。ひとつずつこなしていく。
  • 疲れた時は十分な休息を。
  • 家族や友人と話をする。
  • 余暇を大事にする。
  • 自分を大切にする。
  • たまには一人になることも大事。
  • 負けるが勝ちを心がける。目先の争いに消耗してはいけない。
  • 体の健康を大切にする。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

リストラうつ病-うつ病の症状と対策関連ページ

ブルーマンデー症候群
1週間の始まる月曜日になると、体調が悪くなって出社できないケースがあります。どのように対策したら良いでしょうか?
休日恐怖症
休みに家にいると不安でたまらなくなる症状です。どのように対策したら良いでしょうか?
出社拒否症
出社拒否症とは、主に職場の環境変化などがきっかけで会社に行けなくなる症状です。
いじめられ症候群
いじめられ症候群とは、部下たちから無視され、孤独感に苛まれる症状です。
燃えつき症候群
仕事で全力を使い果たしたにも関わらず、自分の頑張りを正当に評価されないと、大きな疲労感や徒労感だけが残ります。うつ病に発展することも多く、最悪自殺を図ってしまうこともあります。こういった症状は燃えつき症候群と呼ばれています。
微笑みうつ病
微笑みうつ病とは、ストレスのあまり作り笑いをし続け、その裏でうつの症状が進行する病気です。
錆びつき症候群
錆びつき症候群は、自分の実力を発揮できないで、徐々にやる気を失っていく病です。
帰宅拒否症
帰宅拒否症とは、やすらぎの場であるはずの家に居場所がなく、次第に帰宅するのを拒否するようになる病です。
仕事によるうつ病とその背景にあるデータ
仕事における強い不安や悩み、ストレスを抱える人はとても多く、それがうつ病につながることもあります。そのデータを紹介します。
仕事のうつ病対策に関する企業側のデータ
うつ病などのメンタルヘルス問題が浮き彫りになるなか、企業や事業所も対策に取り組んでいます。そのデータを紹介します。
職業性ストレスモデル-仕事がうつ病につながるまで
仕事上のストレスがうつ病などの病気に進展していくまでのモデルを職業性ストレスモデルといいます。多くのモデルが提唱されていますが、最も包括的であるNIOSHの職業性ストレスモデルを紹介します。
世代別の仕事によるうつ病の要因
仕事によるうつ病の要因は、役割も責任も違いますので、世代によって変わってきます。
うつ病のサインは仕事ぶりの変化にみられる
うつ病のサインは仕事ぶりの変化にみられます。どのようなものがあるか紹介します。
職業性ストレス簡易調査票によるストレスチェック
労働安全衛生法改正に伴い、ストレスチェックが義務化されました。職場などで簡便に実施できる職業性ストレス簡易調査票のツールを紹介します。ぜひチェックしてみてください。
知っておきたい過重労働対策の経過
過重労働や過労死は法整備や職場環境改善などにより対策が進められてきました。その経緯を紹介します。これを知っておくと、職場のさまざまなルールに対して理解を深めることができます。
知っておきたい時間外労働の限界
労働基準法では「週40時間を超えて労働させてはならない」という取り決めがあります。労働組合または労働者の代表と協定(サブロク協定)を結ぶことによって時間外労働が可能となります。しかし、その時間にも厚生労働大臣が定める限度があります。