うつ病の診断、症状、対策

高齢者に起こりやすいうつ病の症状

 高齢者に起こりやすいうつ病の症状と対策を紹介します。
 うつ病から他の疾患につながることも少なくありません。
 また、他の病気を気にするあまり、うつ病になってしまうケースもあります。
 ご家族や周りの方は、高齢者の身体的な病気だけでなく、精神的な病気も注意しましょう。

 

 

高齢者に起こりやすいうつ病の症状記事一覧

男性更年期障害-うつ病の症状と対策

症状更年期障害というと、女性の症状と考えられていましたが、近年では、男性にも症状が現れることが多くなりました。40歳を過ぎて、性欲がない、疲れやすい、食欲のないといった症状が現れ始めたら、更年期になったシグナルです。身体的な症状頭痛、めまい、肩こり、吐き気、ほてり、冷え、動悸、腹痛、腰痛など体のあら...

≫続きを読む

 

配偶者喪失によるうつ病-うつ病の症状と対策

症状長年連れ添った配偶者を亡くしたことがきっかけで、うつ病になることもあります。お互いに支えあって生きてきただけに、その精神的ショックははかり知れないものがあるでしょう。配偶者をなくすことは若い人にもありますが、高齢者の場合は、一緒にいた年月が長いためショックはより大きいと考えられます。しかも、この...

≫続きを読む

 

午前3時症候群-うつ病の症状と対策

症状早朝3時頃に目が覚めてしまい、眠れなくなってしまうタイプの睡眠障害は、午前3時症候群と呼ばれています。特にお年寄りの方に多い症状です。確かにお年寄りは朝早く目を覚ます傾向がありますが、これは眠りが全体的に浅いためです。朝早く起きること自体は問題ではありません。そのまま活動できれば問題ないのです。...

≫続きを読む

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口