重症度に合わせた治療が施されます

重症度に合わせた治療が施されます

 うつ病では重症度(症状の程度)に合わせた治療が施されます。

 

中等症、重症の場合

 治療の初期から薬物治療を行います。様子を見て薬の種類や量を変更することがあります。
 薬で症状を抑えつつ、状況に応じて認知行動療法を行うことがあります。考え方のクセを矯正することが狙いです。

 

軽症の場合

 軽症の場合は、薬物治療や認知行動療法の前に支持的精神療法心理教育が行われることが多いです。
 ただし、症状がずっと続いている場合は軽症でも抗うつ薬による治療が行われます。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

重症度に合わせた治療が施されます-うつ病の治療関連ページ

抗うつ薬
抗うつ薬はうつ病の治療で使われる薬です。抗うつ薬の種類、薬名リスト、効果を紹介します。
うつ病は長い目でみた治療が必要です
うつ病はこころの病であると同時に体の病でもあります。長い目でみた治療が必要です。
認知行動療法
認知行動療法とは認知の歪みを矯正する治療方法です。うつ病の治療にも有効です。
支持的精神療法
支持的精神療法はうつ病治療の基本となるものです。
対人関係療法
対人関係療法とは、対人関係に注目して改善を狙う治療療法です。
心理教育
うつ病の治療では心理教育が取り入れられることがあります。
サプリメントでうつ病を克服
サプリメントでうつ病を克服した方の経験談を紹介します。
入院
うつ病では入院が必要なケースもあります。入院によるメリットと合わせて紹介します。