入院

入院

 うつ病では入院が必要なケースもあります。入院によるメリットと合わせて紹介します。

 

入院が必要なケース

 次のよう場合、入院が必要になってきます。

  • 休むことに不安や罪悪感が強くて、休養の妨げになる場合。
  • 自殺をする恐れがあり、それを家族がとめられそうもない場合。
  • 食事も十分に取れないような重症で、身体的な管理が必要な場合。
  • ひとり暮らしで1人で暮らせない、または1人で入るのが不安な場合。
  • 服薬を守れなかったり、過度な飲酒をやめられない場合。
  • 双極性障害で躁状態がひどい(暴力的になったり、社会的信頼を失う恐れがある)場合。

 

入院によるメリット

 入院によるメリットには次のようなものがあります。

  • 規則正しい生活を送れる。
  • 禁酒できる。
  • 休養に専念できる。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

入院-うつ病の治療関連ページ

抗うつ薬
抗うつ薬はうつ病の治療で使われる薬です。抗うつ薬の種類、薬名リスト、効果を紹介します。
うつ病は長い目でみた治療が必要です
うつ病はこころの病であると同時に体の病でもあります。長い目でみた治療が必要です。
重症度に合わせた治療が施されます-うつ病の治療
うつ病では重症度(症状の程度)に合わせた治療が施されます。
認知行動療法
認知行動療法とは認知の歪みを矯正する治療方法です。うつ病の治療にも有効です。
支持的精神療法
支持的精神療法はうつ病治療の基本となるものです。
対人関係療法
対人関係療法とは、対人関係に注目して改善を狙う治療療法です。
心理教育
うつ病の治療では心理教育が取り入れられることがあります。
サプリメントでうつ病を克服
サプリメントでうつ病を克服した方の経験談を紹介します。