うつ病の診断、症状、原因、治療

強迫性障害

 強迫性障害とは不安障害の一つです。
 恐怖を駆り立てる強迫観念と、強迫観念を取り除くために、しなくてはいられない強迫行為を繰り返し行い、日常生活が困難になってしまう病気です。
 例えば、何十回も手を洗うといった不潔強迫、鍵をかけたか何回も確認してしまう確認強迫、自分のせいで誰かを傷つけてしまうのではないかと思う加害強迫があります。
 こんなふうに生活が困難になると、外へ出るのも、人と話すのも嫌になり、うつ病を合併することもあります。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

強迫性障害-うつ病の原因となる病気関連ページ

パニック障害-うつ病の原因となる病気
うつ病の原因となる病気-パニック障害を紹介します。
摂食障害-うつ病の原因となる病気
うつ病の原因となる病気-摂食障害を紹介します。
PTSD-うつ病の原因となる病気
うつ病の原因となる病気-PTSDを紹介します。
関節リウマチなどの膠原病-うつ病の原因となる病気
関節リウマチなどの膠原病がうつ病の原因となることもあります。
更年期障害-うつ病の原因となる病気
更年期障害がうつ病の原因となることもあります。