うつ病の診断、症状、原因、治療

摂食障害

 摂食障害には、極端に食べない拒食症と一度に食べ過ぎてしまう過食症があります。若い女性に起こりやすい病気です。

拒食症

 ガリガリにやせ、月経が止まったり、脳や内臓、生殖器に障害が残ったりすることがあります。治りにくく、餓死する可能性もわずかながらあります。

過食症

 食べ過ぎたことを後悔し、食べたものを無理に吐いたり、下剤を乱用することがあります。

 

 摂食障害はダイエットがきっかけでなることが多いです。食べないことから拒食症になり、一方、食べないことの反動から過食症になります。うつ病を合併することもあります。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

摂食障害-うつ病の原因となる病気関連ページ

パニック障害-うつ病の原因となる病気
うつ病の原因となる病気-パニック障害を紹介します。
強迫性障害-うつ病の原因となる病気
うつ病の原因となる病気-強迫性障害を紹介します。
PTSD-うつ病の原因となる病気
うつ病の原因となる病気-PTSDを紹介します。
関節リウマチなどの膠原病-うつ病の原因となる病気
関節リウマチなどの膠原病がうつ病の原因となることもあります。
更年期障害-うつ病の原因となる病気
更年期障害がうつ病の原因となることもあります。