うつ病の診断、症状、原因、治療

安心感を与える

 安心感を与え見守ることが、本人にとって何よりの癒しになります。うつ病の人は、不安感や焦燥感、絶望感などに支配され、まともに立っていることすら辛い状態なのです。ですから、安心感を与えることが大切です。
 話を聞いてあげたり、相槌をうってあげたり、共感してあげると本人は安心します。具体的な解決策はすぐには浮かばないと思いますが、一緒にいるだけで、本人には癒しになります。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

安心感を与える-うつ病の人への接し方関連ページ

正しい知識をを得る-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。家族や周りの人は、うつ病の正しい知識を得ておいたほうがよいでしょう。
休養させる-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。休養は回復に必要ですが、うつ病になる人は休養が苦手な傾向にあります。きちんと休養をさせましょう。
頑張れと言わない-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。うつ病の方に「頑張れ」など励ましの言葉をかけないようにしてください。
病院に行かせる-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。医療機関へ診断に行かせたり、通院させたり、薬を服用させることも、家族や周りの人の大切な役割です。
自殺を予防する-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。自殺のサインが出ていないか注意して、自殺を未然に予防しましょう。自殺の予防は、うつ病の周りの方のもっともクリティカルな問題です。
家族や周りの人が疲労しないようにする-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。見守る側が疲労しないように注意してください。