うつ病の診断、症状、原因、治療

休養させる

 休養は回復に必要ですが、うつ病になる人は休養が苦手な傾向にあります。きちんと休養させましょう。残業が日常化していたり、休日出勤が続いていたりするような人がうつ病になりやすいのです。
 主婦の方は、家も仕事場のようなものです。休養をとらせるために、家事や子育てを肩代わりしてあげましょう。
 休養期間はさまざまですが、一つの目安としては、本人が退屈感を覚えるまで休ませることです。はやく仕事に復帰したいなどと焦っているうちは、まだうつ病の症状が残っている証拠です。心身のエネルギーが蓄えられるのをゆっくりとじっくりと見守りましょう。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

休養させる-うつ病の人への接し方関連ページ

正しい知識をを得る-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。家族や周りの人は、うつ病の正しい知識を得ておいたほうがよいでしょう。
安心感を与える-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。家族や周りの人が安心感を与えると、本人にとって何よりの癒しになります。
頑張れと言わない-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。うつ病の方に「頑張れ」など励ましの言葉をかけないようにしてください。
病院に行かせる-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。医療機関へ診断に行かせたり、通院させたり、薬を服用させることも、家族や周りの人の大切な役割です。
自殺を予防する-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。自殺のサインが出ていないか注意して、自殺を未然に予防しましょう。自殺の予防は、うつ病の周りの方のもっともクリティカルな問題です。
家族や周りの人が疲労しないようにする-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。見守る側が疲労しないように注意してください。