うつ病の診断、症状、原因、治療

正しい知識をを得る

 うつ病の正しい知識を持っていないと、自分勝手な接し方になってしまい、本人はおせっかいに感じてしまうこともあります。医師の説明をよく聞き、本やインターネットなどでうつ病をよく知りましょう。
 うつ病について、周囲の人が最低限理解しておきたいポイントは次の通りです。

  • うつ病には、休養と治療が必要。
  • 無理が続いた結果、うつ病になったということを理解する。
  • うつ病の回復には短くても3ヶ月はかかる。
  • 休養中に焦っているようなら、それはまだ症状が残っている証拠。
  • 本人が退屈感を覚えるまで、出勤や登校は控える。
  • 最低でも2年間は服薬で再発予防する。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

正しい知識をを得る-うつ病の人への接し方関連ページ

休養させる-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。休養は回復に必要ですが、うつ病になる人は休養が苦手な傾向にあります。きちんと休養をさせましょう。
安心感を与える-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。家族や周りの人が安心感を与えると、本人にとって何よりの癒しになります。
頑張れと言わない-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。うつ病の方に「頑張れ」など励ましの言葉をかけないようにしてください。
病院に行かせる-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。医療機関へ診断に行かせたり、通院させたり、薬を服用させることも、家族や周りの人の大切な役割です。
自殺を予防する-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。自殺のサインが出ていないか注意して、自殺を未然に予防しましょう。自殺の予防は、うつ病の周りの方のもっともクリティカルな問題です。
家族や周りの人が疲労しないようにする-うつ病の人への接し方
うつ病の人への接し方を紹介します。見守る側が疲労しないように注意してください。