うつ病の診断、症状、原因、治療

適応障害

 適応障害とは、職場や家庭などにおいて、本人の考えや働きかけがうまく機能しなくなり、その結果、心身に悪影響を及ぼしたり、社会的に不都合をきたすものです。
 個人的な脆弱性や対処能力の問題といった本人の特性がありつつ、生活上の変化があったり、ストレスのかかる出来事にあったりすると発症の原因になります。
 症状として、憂うつ気分や無断欠勤やけんかなどの問題行動があります。そのため、仕事や日常生活に支障をきたします。

 

 しかし、うつ病や不安障害などの疾患と比べて、症状は重くはありません。

 

 適応障害の対処としては、職場や家庭などの環境調整や本人の対処能力の向上などがあげられます。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

適応障害-うつ病と似ている心の病関連ページ

心身症-うつ病と似ている心の病
うつ病と似ている心の病として心身症を紹介します。
慢性疲労症候群-うつ病と似ている心の病
うつ病と似ている心の病として慢性疲労症候群を紹介します。
気分変調症-うつ病と似ている心の病
うつ病と似ている心の病として気分変調症を紹介します。
引きこもり-うつ病と似ている心の病
うつ病と似ている心の病として引きこもりを紹介します。
マタニティブルー-うつ病と似ている心の病
うつ病と似ている心の病としてマタニティブルーを紹介します。
パーソナリティ障害-うつ病と似ている心の病
うつ病と似ている心の病としてパーソナリティ障害を紹介します。