新型うつの症状

パニック発作を起こすこともある

 新型うつではパニック発作を併発することもあります。
 パニック発作とは、突然前触れもなく強い不安感や恐怖感が起こり、動悸や息切れ、発汗、不快感などの身体症状が現れる発作です。また、これらの症状により、「このまま気がおかしくなるのでは?」「このまま死ぬのではないか?」と本人はより混乱に陥ることもあります。
 しかし、発作は数分から十数分でおさまり楽になります。

 

 パニック発作は、新型うつのみならず非定型うつ病でよく見られる症状です。原因としては強い不安があげられます。新型うつの人の強い不安には「会社に行けない」「仕事のことを考えると不安でいっぱいになる」といったものがあります。

 

 パニック発作がでて慌てて病院にいっても、当初は非定型うつ病とは判別できないこともあります。本人も周りの人も注意が必要です。

 

 パニック発作は予測のつかない場面で突然起こります。そのため「また発作が起きたらどうしよう」と常に不安になります。これは「予期不安」といわれており、このために外出もままならなくなったりします。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

パニック発作を起こすこともある関連ページ

やりたいことしかできなくなる
新型うつの症状としてやりたいことしかできなくなるというものがあります。仕事は嫌だけど遊びはできるなどです。これが新型うつが「ワガママ」といわれてしまう大きな原因となっています。
気分の起伏が激しい
新型うつの症状として気分の起伏が激しいというものがあります。平日は抑うつ気分なのに、休日は晴れやかであったりします。
身体症状が現れる
新型うつで起こりがちな身体症状を紹介します。