新型うつの症状

気分の起伏が激しい

 新型うつの症状として気分の起伏が激しいというものがあります。平日は抑うつ気分なのに、休日は晴れやかであったりします。

 

 従来型のうつ病の診断基準は、「2週間以上、抑うつ気分が続く」というものがあります。しかし、新型うつの場合、気分の起伏が激しいという症状があるため、これがあてはまりません。うつ病と診断されたとしても、非定型の判定がされるでしょう。

 

 非定型うつ病・新型うつの人は、抑うつ気分が突然やってくるのが特徴的です。勤務中に突然泣き出したり、夜中に突然悲しい気分になり涙が止まらなくなったりします。そうかと思うと、何事もなく機嫌が治ったり、気分が落ち着いたりします。このように感情のアップダウンが激しく、しかもコントロールがききません。

 

 さらにこのような不安定さを周りの人にぶつけることも多いです。攻撃的な言動をしたり、イライラした態度を見せたりします。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

気分の起伏が激しい関連ページ

やりたいことしかできなくなる
新型うつの症状としてやりたいことしかできなくなるというものがあります。仕事は嫌だけど遊びはできるなどです。これが新型うつが「ワガママ」といわれてしまう大きな原因となっています。
身体症状が現れる
新型うつで起こりがちな身体症状を紹介します。
パニック発作を起こすこともある
新型うつではパニック発作を併発することも多いです。