うつ病の予防-ビタミンやミネラルの豊富な食品を食べる

ビタミンやミネラルの豊富な食品を

 うつ病の予防には、ビタミンやミネラルの豊富な食品を食べることが効果的です。副菜やデザートには次のような食品を取り入れると良いでしょう。

  • 種実
  • 野菜
  • きのこ
  • 海藻
  • まめ
  • 果実

 果物なら1日にみかん2個、またはリンゴ1個が目安です。

 

 これらの多くはカロリーが控えめで、次の栄養素を含みます。

  • ビタミン(葉酸など)
  • ミネラル(鉄、ヨウ素、カリウム、カルシウム、マグネシウム等)
  • 食物繊維

 これらの栄養素は生体調整機能を持つファイトケミカルも豊富で、うつを防ぐ効果があります。

 

 

ビタミンやミネラルがうつ病に効果的な理由

ストレスがかかるとビタミンB・Cを消耗する

 ストレスが加わると体内ではストレスに対向するために、アドレナリンやコルチゾールなどの抗ストレスホルモンが分泌されます。抗ストレスホルモンの合成には、ビタミンB・Cが必要です。したがって、ストレスがかかるとビタミンB・Cが消耗することになり、補給が必要になります。
 ビタミンBを多く含む食品には、豚肉、乳製品、レバー、納豆などがあります。ビタミンCを多く含む食品は、野菜や果物です。
 また、タバコやお酒はビタミンCを失います。憂さ晴らしに多量飲酒などはやめておきましょう。

 

ミネラルには精神を安定させる効果がある

 カルシウムやマグネシウムといったミネラルには精神を安定させる効果があります。とくにカルシウムは効果が高く、不足するとイライラにつながります。
 カルシウムを多く含む食品には小魚、海藻類、乳製品があります。マグネシウムを多く含む食品にはナッツ類、大豆などがあります。

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

うつ病の予防-ビタミンやミネラルの豊富な食品を食べる関連ページ

うつ病の予防-生活リズムを整える
うつ病の予防-体内時計を正しくセットして、生活リズムを整えましょう。
うつ病の予防-簡単にできる運動から始める
うつ病の予防には運動が効果的であることは知られていますが、いきなり本格的な運動を始めるのは大変です。まずは簡単にできる運動から始めましょう。
うつ病の予防-腸内細菌叢の改善
うつ病の予防-腸内細菌叢を改善してストレスに強くなろう。
うつ病の予防-肥満を防ぐ
うつ病の予防-肥満はうつ病のリスクを高めます。
うつ病の予防-穀類は玄米などを食べる
うつ病の予防-穀類は玄米など精製度の低いものを食べましょう。
うつ病の予防-魚を愛そう
うつ病の予防-主菜では魚料理をよくとるようにしましょう。
うつ病の予防-良質なタンパク質でアミノ酸を摂ろう
うつ病の予防には、良質なタンパク質でアミノ酸を摂取することが効果的です。
うつ病の予防-緑茶のテアニンが精神を安定させる
うつ病の予防-食後には緑茶がオススメです。テアニンには精神安定作用があります。
うつ病の予防-生活習慣病を防ぐ
うつ病の予防-生活習慣病はうつ病のリスクを高めます。防ぎましょう。
うつ病の予防-騒音対策
うつ病の予防-騒音でうつ病になる人も多いようです。対策しましょう。
うつ病の予防-様々なストレスコーピング
うつ病の予防のためにも、様々なストレスへの対処(ストレスコーピング)を身につけましょう。
周囲のサポートを活用する
周囲からのサポートはうつ病の予防にかかせません。周囲からのサポートは大きく4つに分けることができます。どのようなサポートを利用できるか周りを確認しておくと良いでしょう。