うつ病の予防-生活リズムを整える

うつ病の予防-生活リズムを整える

 うつ病を予防し、活力有る生活を送るための基本は、睡眠・食事・運動です。

 

夜は十分な睡眠をとりましょう

 睡眠を削って頑張るのは日本の間違った美徳といえると思います。不眠不休で作業した結果、重大な事故を招いたり、健康を障害したりします。
 実際、4時間睡眠を1週間続けるとホルモン・血糖値に異常が生じます。4~6時間睡眠を2週間続けると記憶力・認知能力・問題処理能力などが2日間眠ってない人と同レベルになってしまいます。
 適切な睡眠時間には体質差があり一概にいえませんが、2日で12~16時間は必要と考えましょう。6時間睡眠や8時間睡眠にこだわる必要はありません。
 =>睡眠障害対策サイト

 

目覚めたら、太陽の光を浴びましょう

 目の奥に体内時計の中枢(視交叉上核)があります。ここに光が届くことで体内時計がリセットされます。

 

食事を規則正しくとりましょう

 朝食は、エネルギーを補充するだけでなく、体内時計をリセットするためにも大切です。
 これは「時間栄養学」の研究からも明らかにされています。
 もちろん、昼食、夕食も規則的にとりましょう。

 

参考 時間栄養学による効果的な食べ方
  1. 一日の食事のエネルギー摂取量を10としたとき、朝食3、昼食3、夕食4の比率にすること
  2. 朝日を浴びてから2時間以内に、タンパク質と炭水化物に富んだ充実した朝食をとること
  3. 夜9時を過ぎたら、できるだけ軽い夕食にすること

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

うつ病の予防-生活リズムを整える関連ページ

うつ病の予防-簡単にできる運動から始める
うつ病の予防には運動が効果的であることは知られていますが、いきなり本格的な運動を始めるのは大変です。まずは簡単にできる運動から始めましょう。
うつ病の予防-腸内細菌叢の改善
うつ病の予防-腸内細菌叢を改善してストレスに強くなろう。
うつ病の予防-肥満を防ぐ
うつ病の予防-肥満はうつ病のリスクを高めます。
うつ病の予防-穀類は玄米などを食べる
うつ病の予防-穀類は玄米など精製度の低いものを食べましょう。
うつ病の予防-魚を愛そう
うつ病の予防-主菜では魚料理をよくとるようにしましょう。
うつ病の予防-良質なタンパク質でアミノ酸を摂ろう
うつ病の予防には、良質なタンパク質でアミノ酸を摂取することが効果的です。
うつ病の予防-ビタミンやミネラルの豊富な食品を食べる
うつ病の予防には、ビタミンやミネラルの豊富な食品を食べることが効果的です。
うつ病の予防-緑茶のテアニンが精神を安定させる
うつ病の予防-食後には緑茶がオススメです。テアニンには精神安定作用があります。
うつ病の予防-生活習慣病を防ぐ
うつ病の予防-生活習慣病はうつ病のリスクを高めます。防ぎましょう。
うつ病の予防-騒音対策
うつ病の予防-騒音でうつ病になる人も多いようです。対策しましょう。
うつ病の予防-様々なストレスコーピング
うつ病の予防のためにも、様々なストレスへの対処(ストレスコーピング)を身につけましょう。
周囲のサポートを活用する
周囲からのサポートはうつ病の予防にかかせません。周囲からのサポートは大きく4つに分けることができます。どのようなサポートを利用できるか周りを確認しておくと良いでしょう。