うつ病ニュース

世田谷区 うつ病の方への就労支援講演会

世田谷区で2012年6月に2回、うつ病に関する講演会が開かれます。
興味深い内容です。関心のある方は参加されてはいかがでしょうか?

 

http://www.city.setagaya.tokyo.jp/040/d00039364.html

 

1「うつ治療の最前線!新型うつと認知行動療法を中心に」

 

うつ病のさまざまな症状に対して、どのように治療が行われていくのか、最新の治療についてお話していただきます。また、どのような状態になれば就労の準備を始めてよいのか、再発しないためにはどのようにすればよいのか。不調のサインや環境を調整すること、お酒との関係など、うつ病を予防していくお話もしていただきます。

 

日時
平成24年6月5日(火)10:00~11:30

 

講師 
仮屋 暢聡氏 (まいんずたわーメンタルクリニック院長)

 

対象 
世田谷区在住  ご本人、ご家族、関心のある方
     先着100名 当日会場へ

 

場所 
キャロットタワー5階 セミナールーム

 

 

2「うつ病の方を支援する制度と、治療しながら仕事をする準備・手段・方法」

 

症状も安定し、主治医からも「そろそろ就労の準備をはじめてもよい」と言われた時、どこに何を相談すればよいのか、何から始めたらよいのか。病気があってもできることに目を向けて、治療しながら無理なく働くコツや、就労前の訓練施設を含めた社会の支援制度についてもわかりやすくご紹介します。また、ハローワークの障害者相談窓口の役割や活用方法についても、詳しくご紹介します。

 

日時 
平成24年6月19日(火)13:30~16:00

 

講師 
松田 由紀子氏 (世田谷区障害者就労支援センター しごとねっと所長)
高田 千里氏 (ハローワーク渋谷 精神障害者雇用トータルサポーター)

 

対象 
世田谷区在住  ご本人、ご家族
     先着50名 当日会場へ

 

場所 
世田谷総合支所健康づくり課分室 17番室

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

世田谷区 うつ病の方への就労支援講演会関連ページ

市ケ谷にうつ病患者の支援施設-再就職に特化したトレーニング実施
うつ病患者の症状改善や社会復帰支援などを行うリヴァ(新宿区)が5月1日、うつ病を患った人の再就職に特化したトレーニング施設「ハビトゥス市ヶ谷」(市谷砂土原町2)を開く。
「うつ病治療ゲーム」にカウンセリングと同効果、ニュージーランド研究
子どものうつ病治療用に設計されたコンピューターゲームに、1対1の対人カウンセリングと同程度の治療効果があるとの実験結果が、19日の英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical Journal、BMJ)に発表された。
シニード・オコナーが躁うつ病に、北米ツアーを中止
イルランド出身の歌手、シニード・オコナーが、双極性障害(躁うつ病)のため、予定されていた北米ツアーをキャンセルすることが分かった。英国のメディアなどが24日伝えた。
<東日本大震災>家族3人亡くした市議、うつ病から復帰
避難所責任者などを務めるうち、うつ病に倒れたが今月、公務に復帰した。
NHKスペシャル「職場を襲う 新型うつ」
「現代型うつ」「新型うつ」という新しいタイプのうつが注目を集めています。
"うつ状態"の人の出現率、日本は米の3倍--20代のうつ出現率は日本が43.3%に
、「うつ状態」の人の出現率は日本が30.4%だったのに対し、アメリカは9.6%にとどまり、日本での出現率がアメリカの約3倍に上ることが判明。
インターネットの使い方でうつ病かどうかがわかるという研究結果が明らかに
うつ病の傾向がある学生たちのインターネットの使い方にはある傾向が見られることを発見しました。
超危険!「うつ病で自殺する男性が出しているサイン」5つ
うつ病を患って自殺してしまった男性が、その直前に見せた“サイン”を紹介します。
就活生「うつ病だけでなく躁状態にも注意」
内定へのプレッシャーが厳しい就活生は、「うつ病」になりやすい。しかしなかには「就活躁」になる学生も多い。
暑い日はイライラと欝を引き起こす
米国ノースウェスタン大学医学部行動科学科のナンシー・モリトル准教授の発表によると、夏の暑さは体に負担をかけるだけでなく、不機嫌やうつ病の要因となるとのことです
深夜のテレビやPCはうつ病リスクを増大させる?
深夜までテレビやパソコンを見ていたり、画面を付けたまま眠ったりしてしまうと、うつ病になるリスクが高まる可能性があると米国の研究者が発表しました。
うつ病治療に効果 コンピューターゲーム「SPARX」
うつ病に関するニュースをお伝えします
うつ病、世界で推計3・5億人 自殺者の過半数
世界保健機関(WHO)は9日、世界でうつ病で苦しんでいる人が人口の約5%に当たる3億5000万人以上に上るという推計を発表した。年間約100万人の自殺者のうち、過半数がうつ病の兆候を示していたとみられる。
うつ病の予防と回復にICTの活用を
うつ病の予防と回復にICTの活用を提言するシンポジウムが東京大学で開かれました。
アラサーに多いうつ病「ディスチミア親和型うつ病」とは?
ディスチミア親和型うつ病とは、30歳前後で発症しやすい新型うつ病の一種です。
うつ病の発症メカニズム発表
うつ病発症のメカニズムを名古屋市の大学などの研究グループが発表しました。新たな治療薬の開発に役立つとしています。
冬季うつ病は春への移行に注意
冬季うつ病は冬になるとうつ症状がでる病気です。普通3月ごろに治るのですが、春に移行してしまう人もいます。
気分安定薬のリチウムでうつ病の自殺リスクが減少
気分安定薬であるリチウム(lithium)を服薬すると、うつ病患者の自殺リスクをが60%以上低下させると発表がありました。
慢性頭痛の人は抑うつ気分になりやすい
慢性頭痛の患者は抑うつ傾向にあるといわれています。
消化器疾患とうつ病の関係
うつ病が胃潰瘍や過敏性腸症候群(IBS)などの消化器疾患を招くことがあります。
うつ病の患者数
うつ病の患者数は100万人前後です。男女比に特徴があります。
抑うつ気分とうつ状態の違い
うつ病では”抑うつ気分”と”うつ状態”という言葉が使われますが、この違いを説明します。
心身にあらわれるうつ病の兆候
うつ病の兆候は心身に現れます。どのようなものがあるか列挙します。
うつ病の診察を受けるタイミング
「自分はうつ病だ」と確信して診察を受ける人はなかなかいません。うつ病の診察を受けるタイミングを紹介します。
浪費癖が現れたら双極性障害のサイン
双極性障害(躁うつ病)は躁状態とうつ状態を繰り返すタイプの気分障害です。躁状態のときは、本人が明るく気分が良いので病気だとは自覚できません。
生活上のストレスを数値化する「社会的再適応評価尺度」
社会的再適応評価尺度とは、生活上の出来事に対するストレス値が示されたチェックリストです。合計点数が高いほど何らかの疾患にかかる率が高くなっています。