ディスチミア親和型うつ病-新型うつの種類

ディスチミア親和型うつ病

 ディスチミア親和型うつ病は、若年層に多く見られ、抑うつ状態、意欲の低下、心的疲労感を自ら訴えます。
 慢性的に仕事や学業にやる気がなく、真面目さや熱心さが足りません。適応しようという意識が薄く、社会参加を放棄する傾向にあります。自己愛が強く、他罰的な性格の人がなりやすいとされています。やる気がでないといって仕事を休むことや、大量服薬などの自傷行為に出ることもあります。

 

 =>アラサーに多いうつ病「ディスチミア親和型うつ病」とは?その特徴と対策

 

 新型うつのような症状は、その名前が浸透する前は、このディスチミア親和型うつ病と呼ばれていました。
 2、3ヶ月休職して回復することもあります。従来型のうつ病の場合はこんなに早く良くなりません。
 境界性パーソナリティ障害や自己愛性パーソナリティ障害のような症状もみられるため、より診断を難しくさせています。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

ディスチミア親和型うつ病-新型うつの種類関連ページ

企業が抱える新型うつの問題
新型うつに対して企業はさまざまな問題を抱えています。
逃避型うつ病-新型うつの種類
新型うつのひとつ、逃避型うつ病を紹介します。
非定型うつ病-新型うつの種類
新型うつのひとつ、非定型うつ病を紹介します。
現代型うつ病-新型うつの種類
新型うつのひとつ、現代型うつ病を紹介します。
未熟型うつ病-新型うつの種類
新型うつのひとつ、未熟型うつ病を紹介します。