うつ病に効く食べ物

レタスの白い汁

 眠りに入るときに働くホルモンに「メラトニン」があります。
 脳下垂体からメラトニンが分泌されると、睡眠中枢は全身がリラックスするよう睡眠の準備に向けて作用します。
 通常、メラトニンは午後8時ごろから分泌されますが、ストレスなどが原因でメラトニンが十分に分泌されていないと、睡眠障害が引き起こされます。
 こういう時は、メラトニンと同じ働きをするよく似た成分をもった食品を口にすることで睡眠障害の改善ができます。
 その一つがラクッコピコリンという成分です。
 そしてそれはレタス、正確にはレタスの苦み成分で、葉よりも芯の白い部分に多くあります。(レタスの芯を切ると白い汁が出るのがそれです)
 体内に吸収されると血液中に入ってからわずか30分ほどで脳の睡眠中枢に作用します。
 芯も含み約1/4個食べれば、十分な睡眠効果が得られます。(レタス100g中約20mgのラクッコピコリンが含まれています)
 レタス1/4個をジューサーに掛けるとで約100mlの白汁が出来ます。その際は、芯も必ず使ってください
 加熱しても分子崩壊せず、煮込むと溶出しますので、レタスの芯も一緒にスープにしたり、ジュースなど液状にして飲むのがお勧めです。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

レタスの白い汁-うつ病に効く食べ物・飲み物関連ページ

あずき茶-うつ病に効く食べ物・飲み物
あずきにはサポニン、ポリフェノール、カリウムが多く含まれます。質の高い睡眠を誘います。
セロリの葉茶-うつ病に効く食べ物・飲み物
セロリの葉には薬効成分が多く含まれています。
ナツメ-うつ病に効く食べ物・飲み物
ナツメには内臓強化と共に滋養強壮、精神を穏やかにする作用があります。
ハマナス茶-うつ病に効く食べ物・飲み物
ハマナス茶を飲むと、ビタミンCやカロテンなどが簡単に摂取できます。
卵-うつ病に効く食べ物・飲み物
卵はセロトニンを効率よく生成できる食べ物です。
しょうがミルク-うつ病に効く食べ物・飲み物
牛乳には、脳内物質のセロトニンの元となるトリプトファンが豊富に含まれています。しょうがを加えることにより辛み成分のジンゲロンとショウガオールが体を心地よく温めます。
トウガラシ-うつ病に効く食べ物・飲み物
トウガラシで得られる熱を放出することにより、スムーズに入眠できます。
ホットミルク豆乳-うつ病に効く食べ物・飲み物
たんぱく質の豊富な牛乳と大豆を効果的に摂る為にホットミルク豆乳がお勧めです。
納豆とアサリの味噌汁-うつ病に効く食べ物・飲み物
朝食で納豆ごはんとアサリの味噌汁を食べると、快眠に向けての準備が整います。