うつ病に関する体験談

実家に帰り、頑張り過ぎない生活を送ってます

30代男性、当時20代

 

リーダーに昇進したことで業務が大幅に増え、残業や休日出勤も激増した

 大学卒業後、新卒で入社した会社で5年目を迎えていました。その頃、大きな組織改革があり、私は部署の中でも営業リーダーとして後輩の指導や得意先の管理業務などを任されるようになりました。それと同時に、部下の退職や上司の異動があり、私の業務量が大幅に増えてしまいました。
 さらには、新規立ち上げの現場を2か所同時に任されるようになりました。現場に泊まり込むことも増え、うつ病の診断を受ける3か月前の月間の残業時間は250時間を越え3か月間休日は一日もありませんでした。
 参考=>うつ病のきっかけ

 

現れた体と心の異常

 まず現れた症状が睡眠障害でした。仕事に疲れ果て、帰宅するのが0時を過ぎ。始発の電車で現場に向かう生活のため、睡眠時間が減少しました。そんな生活が続いているうちに、いつのまにか、いくら疲れて帰ってきても一睡もできないことが起こるようになりました。そんな夜は、布団の中でうなりながら朝を迎え、そのまま仕事に向かいます。
 そして、食欲の減退です。もともと、大きな体型で大食漢と呼ばれていました。そんな私が、食欲がわかず、3日間水やお茶など飲み物だけで過ごすなど、食べ物を体が受け付けなくなってしまいました。たまに早く帰宅できた時は(とは言って22時過ぎでしたが)大量飲酒をする始末。
 そして最後に現れたのが自殺願望です。とにかく、動けなくなってしまい、死ぬことしか考えないようになってしまいました。実際に未遂などをすることはありませんでしたが、常に死神が体にまとわりついているような感覚でした。
 参考=>うつ病の症状

 

服薬を続けるものの希死念慮が消えない

 私の実家は中部地方にあります。当時は埼玉県で一人暮らしをしていました。
 立ち上げの現場の片方が少し落ち着いたので、とりあえず最寄りの心療内科併設の病院を受診しました。すると「自律神経失調症」の診断を受けました。
 当時はまだ職場に復帰する気持ちが強かったため、医師からは「うつ病」の診断を受けましたがマイルドなものに変更してもらったのです。とりあえず、20日間の休職となりました。
 仕事を休んだ20日間は抗うつ剤と眠剤を処方してもらい多少眠れるようになりました。しかし、希死念慮は払拭できませんでした。
 休職の20日間が過ぎ、職場に復帰となりました。いったん現場の立ち上げおよび責任者の業務をはずれ、午前中のみの出勤で1週間ほどすごしました。
 病院に通いながら勤務を3か月ほど続けましたが体調は本調子に戻りません。相変わらず希死念慮、自殺願望が消えないため、退職を決意し実家に戻りました。
 参考=>うつ病の治療

 

頑張り過ぎない

 うつ病の診断を受けてから10年ほどたちます。
 現在は地元で自営業を営んでいます。地元に戻って半年ほどゆっくりし、体調も戻ってきたところで、実家に再就職したのです。勤務をしながら地元の心療内科に通院しましたが、医師との相性がよく、また薬の効き目がよく1年ほどの通院で終わりとなりました。
 うつ病を発症した当時は「自分がやらなければ現場がまわらない」「がんばらなければならない」と自分を追いつめていました。現在は、言い方はあまりよくありませんが、「自分の変わりはいくらでもいる」ということを頭の中に入れています。悲しい話ではありますが、私が仕事を辞めても現場は回りました。
 私がいないくらいでも普通に世界は回ります。そう考えるとなんだか解放された気分で、気が楽になりました。今はとにかく、がんばりすぎないようにしています。
 参考=>うつ病の予防

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

うつ病の体験談「実家に帰り、頑張り過ぎない生活を送ってます」関連ページ

うつ病の体験談「優秀な友人がプレッシャーに負けて退職」
東京の某有名私立大学を卒業した友人。しかし、彼は人一倍生真面目で自分を責めてしまう傾向にありました。そういった性格も相まって、就職先で上手くいかなかったことが彼をうつ病に変えていったのです。
人付き合いが苦手でうつ病に
人付き合いが苦手で、会社の上司や仕事現場で出会う人たちとの人間関係を上手く築くことができず、どんどん精神的に落ち込んでいきました。
職場のイジメが原因でうつ病になった
私が仕事である一定の成果を上げ、それを課長から褒められた直後、同じ職場に居た先輩社員からのイジメが始まりました。私はたいへん気が小さく、マトモに言い返すことも出来ず、段々とおかしくなっていきました。
急激な勤務体制の変化により、うつ病になった
他の店舗でトラブルが起き、そのヘルプのためにそちらにも日替わりで配属されるようになりました。それからというものの私の心や体は少しずつおかしくなっていったのです。
うつ病の体験談「再発しないよう精一杯サポートしていきます」
彼女がうつ病になったきっかけは、失恋だったと思います。彼女は大学時代から長年付き合ってきた彼と結婚したかったのだと思います。しかし彼には結婚の意思がなくずるずると付き合いを続けていました。これがストレスとなり爆発してうつ病へと発展したようです。
うつ病の体験談「国家試験にチャレンジ中にうつの症状が現れた」
私がうつ病になったのはそれまで働いていた会社を辞め、国家試験を受けて再起を図ろうとしていた時の事でした。
うつ病の体験談「自分で治そうとしたが上手くいかなかった」
いつも他人に責められるので精神的に追い詰められていきました。
まさか自分がうつ病になるとは思わなかった
私が以前うつ病になった経験をお話します。実は、うつ病に何故なったのか特に自分では理由が分かりませんでした。
うつ病の体験談「ぼんやりして事故に遭うことも多かった」
静かな環境でコツコツと作業する仕事が自分にとても向いていると思い、毎日一生懸命仕事に励んでいました。しかし社員数が普段の仕事をギリギリで回せる人数だったので、仕事の多い時は残業が多くなり、深夜の0時を周ったり家に持ち帰って仕事をしたりすることもありました