青い鳥症候群

青い鳥症候群の症状と対策

症状

少しでも嫌なことがあると会社を辞め、次々と転職を繰り返す人たちは、童話の”幸せの青い鳥”にちなんで、青い鳥症候群と呼ばれています。
青い鳥症候群の人たちは、ミスをしたときに、自分の未熟さを省みず、「上司が悪い」「自分はこの仕事に向いていない」と、責任を転嫁します。苦難や失敗を乗り越えようとする積極的な姿勢がみられません。これでは自分の本当の力を発揮することができません。

 

対策

青い鳥症候群はどうやって治せばよいでしょうか?
周りの人は、「このまま自省しない性格だと、実力を発揮できず、チャンスをつかめないよ」と促してあげましょう。精神科などでカウンセリングを受けさせることもおすすめします。

 

 

 

 

うつ病の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。→うつ病を診察してもらう病院や相談窓口

青い鳥症候群-うつ病の症状と対策関連ページ

サザエさん症候群
サザエさん症候群とは、日曜の夕方、サザエさんを見るとなんとなく憂鬱になって月曜日の出社や通学が嫌になる症状のことです。サザエさん症候群の対策を紹介します。
思春期やせ症
過度の食事制限により急激に体重が落ちてしまう症状です。思春期の女性に多い症状です。治療が遅れると死に至るケースもあるので注意が必要です。
アダルトチルドレン
アダルトチルドレンは、家庭環境によって子ども時代に受けた心の傷を大人になっても引きずっている人を指します。
テクノストレス症候群
テクノストレス症候群は、パソコンやスマホなどのIT機器の使いすぎにより起こります。若者世代にも起こりますが、中高年世代にも起こります。
九月病
九月病は小学生や中学生、高校生特有のうつの症状です。自由だった夏休みが終わり、新学期を迎えた子供はどうしようにもできない不安に苛まれます。